スケボーが上手くなりたい人はこれがおすすめ!スケボー上達のポイントを紹介します

このサイトではスケボーが上手くなりたい人のために、上達をするポイントを分かりやすく紹介していきます。
実際にスケートボードに乗っている時間を増やすことで、得ることができるメリットや効果なども解説をしていきますから、初心者がスムーズに上手くなる方法を理解できるようになれる筈です。
スケートボードに乗るときに履くといいシューズについても紹介していくので、シューズ選びで悩んでいるような場合も助かると考えられます。

スケボーが上手くなりたい人はこれがおすすめ!スケボー上達のポイントを紹介します

スケボーは子供や若者を中心に人気が高まっていますが、実際に挑戦しているような場合は早く上達したい筈です。
基本的に上達するには楽しんでスケボーを、練習していくのが何よりも大切なポイントになります。
どのようなことも苦しみながらやるよりも、楽しみながらやったほうが長く続けていくことができますし、自然と上達していくことも可能です。
またルールを守ってスケボーを楽しむことで、周囲から応援してもらえる存在になることができます。

スケボーは恐怖心を取り除くことで上手くなる

スケボーはスケートボードに乗ることで普通に歩くよりも早く移動することができたり、階段などを活用することで技を披露したりすることができます。
基本はスケートボードに乗って移動をすることになりますから、安全に前進できるようになるのが最初に学ぶ内容になる筈です。
スケートボードは専門店で買うことができますし、スケボーをするときに必要となるプロテクターやヘルメットなども同じ店で買うことができると考えられます。
スケボーで上達していくには恐怖心を克服しないといけませんが、そのような恐怖を軽減するためにもプロテクターやヘルメットの存在は欠かせないです。
怪我をするリスクを減らしていくことによってスムーズに恐怖心を減らしていくことができますから、上手くスケートボードに乗れるようになれます。
基礎から徐々に練習をしていくことによって、スケボーに慣れていくことができますから、無理をすることなく自然と上達していける筈です。

スケボーの醍醐味はオーリー系のトリック

スケボーは元々は1940年代に、アメリカの子供達の遊び道具として始まったものです。
遊び道具からストリートで若者達が技を次々開発して、独自の文化が確立されていき人気を集めてきたスポーツです。
スケボーと言えばトリックの難易度や、高さのあるジャンプなどが魅力的です。
中でももっとも有名なトリックとして人気が高いのが、オーリー系と呼ばれるものです。
オーリーはスケートボードに乗りながらシンプルにジャンプする、基本的な技でジャンプが必要となる技では基本中の基本となる技です。
このオーリーを基本にフロントサイドと呼ばれる背中側に回転する技や、バックサイドと呼ばれるお腹側に回転する技があります。
回転する回数によって難易度は上がり、試合などで有名スケーターが異次元の回転数で技を決めるのがスケボーの醍醐味となっています。
初心者のうちは怪我につながる為、難しい技に挑戦するのではなくまずは基本のオーリーを練習して段階的にオーリー系の技に挑戦する事をおすすめします。

スケボーの練習はとにかく物を飛び越えること

スケボーはスケートボードを使用してプレイする事ができ、単純に滑るだけでなくジャンプしたりと様々なトリックを行う事が可能です。
プロになると様々な障害物をオーリーと呼ばれるトリックを利用して、華麗にジャンプする事が出来ます。
実際に初心者の人がいきなりオーリーを成功さえる事は難しいので、練習としてスケボーに立った状態でジャンプする事が大切です。
スケートボードに乗った状態でジャンプする事に慣れてきたら、今度は進みながら飛ぶ練習をすすめます。
なにも障害物がないと意識する事が難しいので、物を飛び越えることを学ぶ事がポイントです。
最初は葉っぱや紙などを置き、ジャンプで飛び越える物を目安にするようにします。
いきなり大きな障害物だと委縮してしまい恐怖心が生まれてしまうので、最初は小さい物や障害にならない薄い物を選ぶと良いです。
あくまでも物の上を飛ぶことを意識する事がポイントになるので、あとは数をこなして身体で覚える事がポイントとなります。

スケボーの専用練習場で難しい技に挑戦する

競技としてのスケボーが東京オリンピックでの日本人選手の活躍によって、今熱い注目を集めています。
本格的にスケボーを始めて上手になりたいと始める人も増えていて、自治体もバックアップするべく、専用練習場を作る所も出てきています。
路上や公共施設や許可されていない公園などでは他の人の迷惑となる場合もあり、専用練習場を探して練習する事をおすすめします。
スケボー専用に作られたパークやストリートに模したコースでは、他の人を気にする事なく思い切りスケボーを楽しむ事が出来ます。
高難度の技も専用にコースが作られているので、何度も練習がしやすいです。
普通に乗るだけではなく上達するにつれ、回転技や高い場所からのジャンプなど応用トリックに挑戦したくなるものです。
まだまだ練習場は多いとは言えないですが安心して練習が出来る場所を見つけて、高難度の技への挑戦を始めてみてはどうですか。
専用の練習場には他のスケーター達も練習に来るので、難しい技についての情報交換も出来てモチベーションが上がります。

著者:柿本平吉

筆者プロフィール

栃木県足利市生まれ。
子どもと一緒に趣味で始めたスケボーにハマり、大会に出場するように。
スケボー上達のコツを記事にまとめました。
スケボーの販売ページ